HOME » はじめてさん向け オーダー家具の基礎知識 » 素材の種類について

素材の種類について

オーダー家具に使用される素材の種類は大きく分けて木材やガラス、石、スチールなどの素材があります。

これらの中でも大部分を占める木材についての素材を紹介しているので、チェックしてみてください。

オーダー家具で使用される素材の種類

無垢材

  • 特徴:自然の木材を使っています。そのため、木本来の自然の色合いや風合いがでるのが特徴です。
  • メリット:家の中に馴染みやすい。他の素材に比べ耐久性が強いです。
  • デメリット:湿気や気温の変化に弱く、急激な変化で反りがでることがあります。
  • 無垢材が向いているのは:椅子やダイニングテーブルなど、普段から使うものに向いています。木の自然の色や素材が安らぎを与え、使い込むたびに家になじんでいく。どんな家にも合いやすいです。

集成材

  • 特徴:無垢材のサイズが小さいものを集め木の繊維の向きに並べ接着したものです。
  • メリット:無垢材よりも金額が安く済みます。割れた部分や、節と呼ばれる部分を除去しているので強度には優れています。無垢材のような反りになりにくいです。
  • デメリット:無垢材を使いますが、小さいものを接着しているため、自然な風合いは無垢材には劣ります。重く、金額が高いです。
  • 集成材が向いているのは:壁や階段、床などに使われます。無垢材を使いたいけれど、金額を押さえたい人に向いています。

突板

  • 特徴:天然の木を木目に沿って横に薄くスライスします。そのスライスしたものをベニヤ版などに張って使うことが多いです。
  • メリット:ほかの木に比べると、断然重さが軽く、無垢材よりも金額が安いです。無垢材ほどではありませんが木の風合いを楽しめます。反りがほとんどありません。
  • デメリット:デメリット:使っているうちに傷むことがある。
  • 突板が向いているのは:木目がきれいなため、テレビ台やテーブルなどに向いています。北欧の家具にも多く、金額手ごろに買いたい人に向いています。

メラミン化粧版

  • 特徴:フェノール樹脂、メラミン樹脂と呼ばれるものを紙に含ませ、何枚も重ねます。それを高温高圧で処理したプラスチックの板で傷つきにくいです。
  • メリット:水に強く、表面が傷つきにくいです。
  • デメリット:熱に弱いです。
  • メラミン化粧版が向いているのは:テーブルやカウンター、椅子などです。飲食店で利用されることも多いです。家具の傷つけ気になる人にはおススメです。

ポリエステルや塩ビ化粧板

  • 特徴:ポリエステルの樹脂を0.3mmほどの厚さで塗って張ったり、塩化ビニールを張った板であり、家具の中に使われることが多いです。
  • メリット:ほかの素材に比べ金額が最も安く、様々なカラーや柄があります。
  • デメリット:やや強度に劣ります。
  • ポリエステルや塩ビ化粧板が向いているのは:家の中をいろいろなカラーバリエーションで楽しみたい人にオススメです。

長く使うならメンテナンスしよう!素材別お手入れ術6選

ここからは素材やデザインなどにこだわり、時間をかけて仕上げたオーダー家具を少しでも長持ちさせるための素材別お手入れ方法をご紹介します。

「木材」は水拭き厳禁!汚れは中性洗剤を薄く溶かして拭く

机や椅子、棚など木製部分は、柔らかいタオルで乾拭きしましょう。変色や変質の原因となりますので、水拭きは厳禁です。汚れてしまった部分は、中性洗剤を薄く溶かしたぬるま湯に浸し絞ったタオルで拭き上げます。

素材によってはこの方法でお手入れすると変色、変質してしまう可能性があるので、目立たない所で試してからお手入れしましょう。

また普段から汚れやシミがつかないよう、部屋の雰囲気にあったクロスを使ったり熱い鍋や水滴のついた皿などは直接置かないようマットを敷いたりすることをおすすめします。

傷やへこみがついてしまった場合は、素材別に以下の方法で対応します。

【無垢材や突板は家具補修用のペンで】

傷がついてしまった場合は、その部分の色に近い家具補修用のペンやクレヨンを塗ります。へこんだりえぐれたりした場合は、色が近い家具補修用のパテをのせると目立たなくなります。

【集成材はサンドペーパーをかける】

オイルフィニッシュで仕上げられることの多い集成材ですが、汚れや傷がついた部分とその周辺を木目に対し平行にサンドペーパーをかけて目立たないようにします。

素材に合わせて選んだワックスや家具用オイルを薄く塗って乾燥させ、ツヤが落ちないようお手入れします。

【メラミン化粧版はメラミンスポンジで】

水垢や油性マジックなどの汚れは、台所で使用するメラミンスポンジを使うときれいに落とすことができます。

【ポリエステルや塩ビ化粧板は専用ペンで塗る】

傷がついてしまった場合は、専用のペンで塗りますと目立たなくなります。

また布に浸み込ませたラッカーシンナーで拭き上げたり、スプレーを吹き付けたりする方法もおすすめです。えぐれてしまった場合は、色が近い家具用のパテをのせると目立たなくなります。

「ガラス」は中性洗剤で水拭きしたらしっかり乾拭き

テーブルトップや扉などガラス製の部分は、柔らかいタオルで乾拭きして表面のほこりやゴミを拭き取ります。汚れがひどい場合は、中性洗剤を柔らかいタオルに少し付けて水拭きした後、乾拭きをしてしっかり落とします。

ガラスクリーナーを使うと簡単にきれいになりますが、ガラス製以外の素材の枠などに付くと変色、変質してしまう可能性があるので、柔らかいタオルに吹き付けてから拭きましょう。

またステンドグラスなどの装飾が施されたガラス製の部分は繊細で、変色や変質しやすいので水拭きは避け、乾拭きしましょう。汚れがひどい部分は、中性洗剤を溶かしたぬるま湯に浸し、しっかり絞ったタオルで優しく拭いてください。

「石」についた汚れやくすみは石鹸水で

大理石など、石製のテーブルトップやキッチンは、水拭きをしてから乾拭きをしてお手入れをします。汚れがついたりくすんだりしている場合は、石鹸水を使いお手入れします。

500ミリリットルのお湯に大さじ1杯強の石鹸フレークを溶かしたものをたっぷり広げます。数分したら柔らかい布で拭き取り、しっかり乾燥させます。

研磨剤入りの掃除道具や硬い素材のスポンジを使用すると、表面に細かい傷がつき汚れやすくなるので注意してください。

「スチール」錆びないように乾拭きを忘れずに

ラックや棚、テーブルの足などのスチール製の部分は、水拭きをしてから錆がつかないようにしっかり乾拭きをし、乾燥させます。汚れがひどい部分は中性洗剤を少し付けたスポンジでこすり、水拭きをしてから乾拭きするときれいになります。

「布」のシミは薄めた中性洗剤でトントン叩く

ソファなどの布製の部分はブラシでブラッシングをしてほこりを浮かせてから乾拭きするか、表面にまんべんなく掃除機をかけてお手入れします。汚れやシミがついている部分は、中性洗剤を薄く溶かしたぬるま湯に浸し絞ったタオルでトントンと叩き汚れを落とします。

素材によっては色が変化してしまうことがあるので、目立たない場所で試してから行うことをおすすめします。

「革」は水拭きしないでクリームでお手入れ

ソファや椅子など皮製の部分は、柔らかいタオルで乾拭きし、表面についたほこりやゴミを拭き取りお手入れします。ツヤがなくなってきたら、レザー製品をお手入れ用するためのクリームなどを薄く塗って軽く乾燥させてください。

色落ち、変色の原因となるので、水拭きはしないでください。

オーダー家具見積もり比較!

ページの先頭へ