HOME » はじめてさん向け オーダー家具の基礎知識 » 家具ができるまでの流れ

家具ができるまでの流れ

オーダー家具を買おうと思った時にまずどうすればいいのかについての悩みを解消できるように、家具ができるまでの流れを紹介しています。

1.家具店を決める

実際に足を運んでオーダー家具のお店を探したり、インターネットから自分の理想をかなえてくれそうな家具店を探します。

2.問い合わせ・受付

家具店が決まったら、そこに問い合わせます。予算や家具のイメージなどが決まっていればその時に伝えてもいいです。電話やメール、FAXでの受付をしているところもあります。

3.家具店との打ち合わせ

家具店のスタッフと家具の詳細について話し、理想の家具のイメージをすり合わせていきます。

4.家具のデザイン・設計・見積り、調査など

打ち合わせをもとに、家具店が家具のイメージを提案します。必要に応じて、設置場所の採寸を行うために自宅訪問があります。

5.再度スタッフとの打ち合わせ

まだ納得するものではない場合は、再度スタッフとの打ち合わせをします。

6.契約

デザインや設計、見積もりなど、納得いく家具だと決まったら契約をします。ここでさらに、日程などの詳細を打合せします。

7.家具の製作スタート

注文内容や家具店によって製作時間や納品までの時期はさまざまです。なるだけ早い納品を希望する場合は、その旨を伝え、柔軟に対応してくれる家具店を選びましょう。

8.納品・設置

家具ができあがったら、配送され、家の中に設置されます

9.アフターフォロー

家具店によって保証やアフターフォローは、さまざまです。せっかく思いを込めて作った家具ですから、しっかり後のケアまでしてくれるような家具店を選んだ方が、何かあった場合の対応をしてくれるのでいいです。

一般的な流れになっており、お店によっては多少異なる場合もあります。オーダー家具の支払いの件ですが、家具店によって支払いのタイミングは異なります。

家具店によっては、3つの支払いタイプがあります。1つめ目は、契約とと同時に先払いし、入金後から製作を開始という条件。2つ目は、契約の時に半額を入金する条件。3つ目は、家具が出来上がり、納品の時に入金という条件というタイプです。

自分の理想の家具をつくりたいなら、納品後に支払いをする家具店の方がが納得いくものが出来上がるので、そちらを選んだ方がよいでしょう。

オーダー家具見積もり比較!

ページの先頭へ